安藤ブログ」カテゴリーアーカイブ

コロナが“口の中が汚いと重症化する」という記事について

先日、歯科医が断言、新型コロナが重症化する人としない人は「口の中」が違う、という記事がプレジデントオンラインに出ました。

ちょっとコピーしてみますね。

新型コロナウイルスについては、口のなかにばい菌が多い人ほど重症化しやすいことがわかってきています。そして新型コロナウイルスはインフルエンザと異なり、唾液腺や歯ぐき、舌など、口のなかで増えることも明らかになりました。

つまり、口の中を清潔にしていないと、コロナがより重症化しますよ、という記事なのですが、これについて補足説明をいたします。

実は、これはインフルエンザで言われてきたことでした。

インフルエンザは、飛沫感染と接触感染と言われています。

その中でも、飛沫感染について、どうすればかかりにくくなるか、研究がされてきました。

その防御をする大きな要因は、鼻と口です。

特に口は、われわれの意識だけで、キレイにしたり、汚くすることができます。

もし、あなたが歯磨きや歯科医院での衛生士によるメインテナンスをおろそかにしていたらどうなるか?

実は、のどの上気道粘膜には、ウイルスがくっつくレセプターという、カギがあります。

でも、通常は、それを唾液でシールドして、くっつきにくくなっているのです

でも、あなたの口の中が汚いと、歯周病菌のプロテアーゼという毒素が出て、がこのシールドを破って、ウイルスが付きやすくしてしまいます。

また、歯周病菌は、死んだら内毒素という、自分自身毒となる厄介なやつです。

この毒は、喉に炎症を起こして、またのどのバリアーを壊してしまいます。

このように、口の中が汚いと、ダブルでウイルスにかかりやすくなるのです。

口の中が汚いと、いいことは一つもないのです。

前の映像でご説明したように、新型コロナウイルスは、飛沫感染よりも接触感染の方が優位と思われます。

しかし、いったんかかってしまったら、口の中が汚れている人は、重症化するのは、この記事でいっている通りです。

これは、インフルエンザでも、舌癌などの口の中のガンでもそうです。

だから、歯磨きや重要なのです。

歯磨きだけでは足りません。

ちゃんと、月に1回かせめて3か月に一回は、プロである衛生士さんの、メインテナンスを受けてくださいを受けて、清潔に保ってください。

この映像をきっかけにして、「口は、万病のもと」、だというのを知っていただければ幸いです。

では、舌ストレスと咬み合わせの歯科医師、安藤正之でした。

舌を「舌ガン」から守れ!

その1 現代人の舌は常に「舌ガン」の危険に冒されている

なぜ「舌ガン」の危険があるのか?
この答えがこちら。

歯並び(歯列)は、いわば「舌のお部屋」です。
これが、今50代以下の人は、小さくなってしまっているのです。

なおかつ、歯は内側に倒れてしまっています。
これが全ての元凶です。

舌に歯の跡がついている人。

多いと思います。というか、93%の人がその可能性があります。
舌は今、多難の時代を迎えているのです。